fc2ブログ

気ままに途中下車:京阪天満橋駅の坐摩神社行宮                

 各鉄道路線の各駅下車を一旦終了し、気になる駅で下車し、周辺を探索してみることにしている。

 今回は、京阪電鉄天満橋駅近くの「坐摩(いかすり)神社 行宮(あんぐう)」が今年にリニュアルされていたので、それを訪問してみることにする。

2311oIMG_3470 (3)

 「天満橋駅」で下車し、地上へ上がる。
 そこは、南北の「谷町筋」と東西の「土佐堀通り」との交差点の「天満橋」である。
 そして、「土佐堀通り」を西へと進む。
    2311oIMG_3472.jpg  2311oIMG_3473.jpg  2311oIMG_3474.jpg

 西へ進んで行くと、左手の昆布店の前に、「八軒家舩着場の跡」の石碑が建っている。
 この辺りは、平安時代、四天王寺や熊野詣の上陸地点であり、「八軒家」の地名は、江戸時代このあたりに8軒の船宿があったとの名付けとされている。
         2311oIMG_3476.jpg  2311oIMG_3475.jpg

 更に進んで行くと、現在の「八軒家浜船着場」から南下する道路との交差点がある。
 その交差点の東南角に「熊野かいどう」と記された石碑が建っている。
 紀州の熊野三山への詣でに向かう熊野街道の出発点である。
    2311oIMG_3479.jpg  2311oIMG_3477.jpg  2311oIMG_3478.jpg

 更に西へと進む。
 「エル・おおさか(大阪府立労働センター)」の手前の道路を左折する。
 左手(東側)に「坐摩(いかすり)神社行宮」が祀られている。
    2311oIMG_3480.jpg  2311oIMG_3481.jpg  2311oIMG_3482.jpg

 この行宮は、長いこと改装工事が行われていて、今年(令和5年)4月に竣工されたものである。
 そしてこの地は摂津国一之宮である「坐摩神社」の旧鎮座地で、「神功皇后」の三韓征伐の帰途、摂津の国、大江の岸の田蓑島(渡辺津)の松の枝に白鷺の群がる所を選んで、坐摩神を奉斎したと云われている。
 またこの地は熊野街道の出発点であり、「渡辺王子」と云われ、全国の渡辺・渡部の姓の発祥の地ともされている。

 神社の社頭には、「神功皇后」のその奉斎の様子が描かれている。
 そして注連縄柱を潜る。
         2311oIMG_3483.jpg  2311oIMG_3484.jpg

 右手に、手水所、そして「神功皇后」の鎮座石も祀られている。
         2311oIMG_3485.jpg  2311oIMG_3487.jpg

 その先には、阿吽の白鷺の「神使像」が祀られている。
 そして「拝殿」である。
    2311oIMG_3493.jpg  2311oIMG_3492.jpg  2311oIMG_3491.jpg

 「拝殿」の奥は「本殿」である。
 祭神は、「豐磐間戸神」、「奇磐間戸神」とされている。
    2311oIMG_3495.jpg  2311oIMG_3496.jpg  2311oIMG_3498.jpg

 「坐摩神社行宮」を後にして、南側の道路に出る。
 道路は「石町通り」、住所も「石町(こくまち)」である。
 「石町」の地名由来は諸説あるが、「神功皇后」の鎮座石からの名付けが妥当と考えられる。
 「石町通り」を東進すると、公園の中に入る。
 「北大江公園」である。
    2311oIMG_3500.jpg  2311oIMG_3501.jpg  2311oIMG_3502.jpg

 公園には遊具もある。
 そして公園の南には、町屋を改装したようなイタリアンの食事処もある。
    2311oIMG_3505.jpg  2311oIMG_3507.jpg  2311oIMG_3506.jpg

 公園を通り抜けると、再び「石町通り」となる。
 その左手(北側)に「三橋楼跡」がある。
 「三橋(さんきょう)楼」とは、明治維新の時、北浜の「花外楼」で行われた「大阪会議」の前に、「大久保 利通」と「木戸 孝允」が下打ち合わせを行った所とされている。
 また、「三橋」とは、大川の橋の西から「難波橋」、「天神橋」、「天満橋」のことである。
    2311oIMG_3511.jpg  2311oIMG_3509.jpg  2311oIMG_3510.jpg

 「石町通り」を東へ進むと、「谷町筋」に出る。
 そして「谷町筋」を北へ進むと「天満橋」であるが、その橋の上から大川筋の秋色を眺めたのであった。
    2311oIMG_3512.jpg  2311oIMG_3577.jpg  2311oIMG_3579.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤白 怜

Author:藤白 怜
気まぐれに各地の城跡、神社仏閣、路端や公園の草花、街角の風景などあっちこち出掛けては写真を撮ったり、その土地の歴史遺産を訪ねたりしています。
よろしかったら覗いてみて下さい。
よろしくお願いします。
最近、小品集を別ページにてアップしました。
右側リンクの「悠々紀行あっちこち」です。
併せてよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR